神秘の石の力

パワーストーンが切れたら

パワーストーンが切れてしまうのにはいろいろな理由があると言われています。
願いが叶った、身代わりになった、精神の波長と合わなくなった、石の寿命、などというようにだいたいが役目を終えたりした場合が多いとも言われています。
また切れた時にいくら集めても揃わなければ、なくなった石は役目を終えたとも言われていますので、感謝をして残りの石も自然に還してあげましょう。

天然石であるパワーストーンは鉱山などの自然から生まれたものです。
土に埋めたり、川に流したり、海に流したりしましょう。
自然に還すのが難しい時には神社やお寺に奉納いたしましょう。
どうしてもできない時には、塩で包んで処分するしかないでしょう。

残ったパワーストーンの中で、すごく気にいっていたのがある場合は、まだ石に惹かれている場合がありますので、浄化を行い再度使用することは可能です。
ですがいくら浄化しても、濁りなどが取れない場合は役目を終えたか寿命がきたということです。
石の寿命は素人には判断できませんので、役目を終えたと判断して、今までの感謝を告げて眠りにつかせてあげましょう。

ただあまりにも気にいっていたためとか、願いが叶っていないからという理由から、買った場所で頼んで直してもらうことがあります。
ですが「修理以前のようなパワーが感じられない」とか、「却って運勢が落ち込んだ」、または「気分が落ち込む」、「気持ちが優れない」と言う場合があります。
これらは完全に石の寿命が切れているということになりますので、よいことではありません。
すぐに自然に還して、新たな石に願いを込めましょう。

そんな簡単に変えていいのかと考えるかもしれませんが、お守りも1年で納めて、新しいお守りをいただきます。
パワーストーンも自然の力でできたお守りといってもいいのです。
役目を終えたら教えてくれますので、感謝を捧げて自然に還し、新たなパワーストーンに力を貸していただきましょう。

Menu