神秘の石の力

パワーストーンにはそれぞれ意味がある

パワーストーンの意味は調べれば調べるほどにあるといってもいいでしょう。
まず天然石事態の意味があります。
その天然石の意味も効果や体調、守りなどというように一つの石に複数の意味があります。
そしてその天然石の色にもそれぞれの意味があり、形にも意味があります。
その他にパワーストーン同士の相性もあります。

本当にこだわったものを身に付けたければ、すべての条件に当てはまるようなパワーストーンを選ばなくてはいけません。
また同じような意味をもつ石を集めて一つのお守りを作る方が良いとされています。
石同士の相性が悪いものはないのですが、この意味のいい、これもあれもと欲張りすぎてしまっては、願いが伝わりにくくなってしまいます。
重ね着けなどは反対されていませんので、きちんと目的別に作ったものを何種類かに分けて身に付けましょう。

それでは実際に例として取り上げてみましょう。
パワーストーンで人気が高いのはhttp://www.yume-juya.jp/syuruito.htmlでも紹介されている恋愛関係です。
石でいうのでしたら「インカローズ」が即効性の高い、恋愛運の女王と言われるほどに恋愛のお守りとして選ばれます。

色の赤は「情熱と意志力を育む色」を意味しており、ハート型がそのまま恋愛運の効果が高く癒しも与えてくれます。
組み合わせるのは同じ赤系統か、忍耐強さをアップさせることができるオレンジ色や、精神面を強くすることが出来る紫色と相性が良いとされており、
「アメジスト」や「ラベンダーアメジスト」など恋愛運と癒しを与えてくれる石と組み合わせるのもいいでしょう。
全てハートで作ったら混乱を起こしそうなので、丸型のエネルギー解放タイプの石を入れたりしてバランスとった石を作りましょう。

このようにパワーストーンは自分で意味を持って作ることのできるお守りです。
自分に勇気をもらうように気軽に作って身に付けましょう。
意味を調べるほどにどれがいいか分からなくなるという人は、まずはクリスタル…水晶を購入してはいかがでしょう。
浄化のパワーストーンであるクリスタルは他のパワーストーンの浄化もしてくれることからも、初めてもつパワーストーンとしてはお勧めです。
恋愛運・金運・仕事運・など運勢別パワーストーンを紹介していたり、あまり知られていないパワーストーンの種類によっての弱点がかいてあるサイトがありますので参考にしてください。

Menu